和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

年月日子をならべたる賀状かな

旅人にやさしき目して都鳥

都鳥降りぬ隅田の芥にも

石山や夕明りほのぼのと

啓蟄の土はみみずの腹中に

復活の午餐のパンのにほひけり

和布買ふ石見益田の淋しさに

船底を万華鏡とし春の潮

雲退きてこころにくくも囀れり

一声の春の蚊を知る聖かな

翡翠の鋭目据ゑゐたりえごの花

方丈と庫裡とに継ぎ目梅雨の漏

はたた神夜半の大山現れたまふ

紫の紐のごとくに雷火かな

叡慮には禍多き夏の山

美保ヶ関涼しき波の上に灯る

河太郎のくつがへしける布袋草

秋天の釣橋を人つづかざる

比叡の山粧ひて伽陀起りけり

十夜僧鉢合せして笑ひけり

朴落葉ハンドバッグに収まらず

パチンコへ損をしに行き年忘

枯尾花にて終りたる絵巻かな

銀の箔聖夜の塵に拾ひけり