和歌と俳句

秋の空

秋天に聳ゆる峰の近さかな 石鼎

晴れくもる樹の相形や秋の空 蛇笏

秋天につながる坂をのぼりけり 喜舟

秋天の下芋坂を下りけり 万太郎

秋空や日落ちて高き山二つ 鬼城

曳かれる牛が辻でずつと見廻した秋空だ 碧梧桐

秋の空後架の窓に竹二本 龍之介

欄握る水兵の手に秋の空 石鼎

晶子
雲湧けば直ちに雨すゆとり無き若き心の初秋の空

晶子
うす色の毛織の雲の動かざる山の上なる秋の空かな

城ありと橋ありと詠め秋の空 喜舟

八一
水煙のあまつおとめがころもでのひまにもすめる秋のそらかな

雲あひの真砂の星や秋の空 蛇笏

千樫
命ありて今年また仰ぐ秋の空げにうつくしく高く晴れたり

秋空につぶてのごとき一羽かな 久女