和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

病癒えず蹲る夜の野分かな

つるんだる蜻蛉飛ぶなり水の上

風呂に入れば裏の山より初嵐

堅き梨に鈍き刃物を添てけり

馬の子と牛の子と居る野菊かな

温泉湧く谷の底より初嵐

重ぬべき単衣も持たず肌寒し

山里や今宵秋立つ水の音

鶏頭の色づかであり温泉の流

草山に馬放ちけり秋の空

囲ひあらで湯槽に逼る狭霧かな

湯槽から四方を見るや稲の花

遣水の音たのもしや女郎花

帰らんとして帰らぬ様や濡燕

北側は杉の木立や秋の山

終日や尾の上離れぬ秋の雲

痩せて辛くもあらず温泉の流

白萩の露をこぼすや温泉の流

草刈の籃の中より野菊かな

白露や研ぎすましたる鎌の色

葉鶏頭団子の串を削りけり

秋の川真白な石を拾ひけり

秋雨や杉の枯葉をくべる音

秋雨や蕎麦をゆでたる湯の臭ひ

朝寒み白木の宮に詣でけり