和歌と俳句

雁 かりがね

子規
玉づさを いそぎよみする 心地せり 見る間にすぐる 天津雁金


夕さればむらさき匂ふ筑波嶺のしづくの田居に雁鳴き渡る

一葉
霧ふかみこぞ来し道や迷ひけん今年はおそきはつ雁のこゑ

一葉
うつろひし菊の香寒き暁におくれて来たる雁がねぞする

子規
ともし火に 玉章てらす 心地して 月のおもてを 渡るかりがね

子規
山のはの をぐらき陰ゆ 飛ぶ雁の 月あるかたに 現はれて行く

子規
むさしのの 尾花の末は さだかにて 月よりさきに 落る雁金

一葉
なれもまた世の人ぎきやいとふらむ更けて音になく天つ雁がね

一葉
秋もややはだ寒くなる夕風にあはれ初雁なき渡るなり

一葉
うちあふぐそらにこゑして過ぐるかなたよりやいづら天つ雁がね

茂吉
最上川ながるるがうへにつらなめて雁飛ぶころとなりにけるかも

月の出や皆首立てて小田の雁 子規

便船や夜を行く雁のあとや先 漱石

一人住んで聞けば雁なき渡る 漱石

北窓は鎖さで居たり月の雁 漱石

逝く人に留まる人に来る雁 漱石

ただ一羽来る夜ありけり月の雁 漱石

芒刈つて片岡広し雁渡る 龍之介

唐黍の先に夕日や雁渡る 龍之介

浅草の雨夜明りや雁の棹 龍之介

雁啼くや草黄ばみたる土饅頭 龍之介

仁和寺の門田に雁のおつる也 碧梧桐

母衣かけて車に雁を聞く夜哉 碧梧桐

左千夫
天雲の切れめさやけみ月すみて隅田の水上かりなき渡る


夕さればむらさき匂ふ筑波嶺のしづくの田居に雁鳴き渡る

左千夫
もろこしの秋野や如何に吾夫がみ墓やいかに天つかりがね

海近く雁の下り居る田の面かな 碧梧桐

森蔭になり行く雁の鳴く音かな 碧梧桐

晶子
ひとりゐて 雁をきくかな 味わろき 夜の食事の いく時の後

はつ雁に几帳のかげの色紙かな 蛇笏