和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

うつくしき燈籠の猶哀れ也

沙魚釣りの大加賀帰る月夜哉

名月や彷彿としてつくば山

我宿の名月芋の露にあり

大空の真ただ中やけふの月

椽端や月に向いたる客あるじ

芋の露硯の海に湛へけり

花火やむあとは露けき夜也けり

つるつると笠をすべるや露の玉

大磯の町出はなれし月見

名月やどちらを見ても松許り

名月や汐に追はるる磯伝ひ

秋風の一日何を釣る人ぞ

秋の海名もなき嶋のあらはるる

旅の旅又その旅の秋の風

杉の木のたわみ見て居る野分

名月や伊予の松山一万戸

蛇落つる高石がけの野分

ていれぎの下葉浅黄に秋の風

名月はどこでながめん草枕

真帆片帆瀬戸に重なる月夜哉

めいげつに白砂玉とも見ゆるかな

下駄箱の奥になきけりきりぎりす

我なりを見かけてのなくらしき

鶺鴒よこの笠叩くことなかれ