和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

夕陽に馬洗ひけり秋の海

月の出や皆首立てて小田の

の声ばかり也箱根山

籠あけて雑魚にまじりし鱸哉

や夕日の里は見えながら

蜩や夕日の坐敷十の影

秋の蠅叩かれやすく也にけり

秋の蠅二尺のうちを立ち去らず

暁や厨子を飛び出るきりぎりす

夜をこめて麦つく音やきりぎりす

馬ひとり木槿にそふて曲りけり

大柳散りつくすとも見えざりき

古寺に灯のともりたる紅葉

焼てしづかに話す夕哉

野社に子供のたえぬ榎実哉

の入谷豆腐の根岸哉

蕣や君いかめしき文学士

白萩のしきりに露をこぼしけり

萩の花くねるとなくてうねりけり

鶏頭や賤が伏家の唐錦

月落て江村蘆の花白し

白水の行へや蓼の花盛り

淋しさを猶も紫苑ののびるなり

南山にもたれて咲くや菊の花

菊の垣犬くぐりだけ折れにけり