和歌と俳句

秋の雨

子規
大木の中を人行く秋の雨

漱石
秋雨に行燈暗き山家かな

漱石
秋雨に明日思はるる旅寐哉

漱石
さらさらと護謨の合羽に秋の雨

晶子
人の歌をくちずさみつつ夕よる柱つめたき秋の雨かな


あさゝらず立ち掃く庭に散りしける梅の落葉に秋の雨ふる


秋雨の泣く子を門に守る身かな

晶子
蓮を斫り菱の実とりし盥舟その水いかに秋の長雨

虚子
秋雨にぬれては乾く障子かな

晶子
秋雨は別れに倚りしそのかみの柱のごとくなつかしきかな


蜆とる舟おもしろき勢多川のしづけき水に秋雨ぞふる


秋雨の薄雲低く迫り來る木群がなかや中の大兄すめら


ひやゝけく庭にもりたる白沙の松の落葉に秋雨ぞ降る


女郎花つかねて浸てし白河の水さびしらに降る秋の雨

漱石
祖師堂に昼の灯影や秋の雨

晶子
薄の穂矢にひく神か川くまのされ木を濡らす秋の日の雨

晶子
朝がほの紅むらさきを一いろに染めぬわりなき秋の雨かな

碧梧桐
秋雨や俵編む日の藁一駄

漱石
酸多き胃を患ひてや秋の雨


久方の天を一樹に仰ぎ見る銀杏の實ぬらし秋雨ぞふる

晶子
秋の雨わたり二間のわたどのの洞の中より灯を執りてきぬ

晶子
秋の雨君をまつかな柱にも壁にも去年の歌を染めつつ

牧水
秋雨の 葛城越えて 白雲の ただよふもとの 紀の国を見る

晶子
都をば泥海となしわが子らに気管支炎を送る秋雨

晶子
秋の雨 しぶしぶ降れる 庭の石 みつめてわれは 何を待つらむ

万太郎
縁下や萩の暮れゐる秋の雨

漱石
いたつきも怠る宵や秋の雨

晶子
東大寺二王の門を静かなるうす墨色にぬらす秋雨

かな女
秋雨や殊に杉戸の絵をぬらす

晶子
日もすがら石を叩けり我よりも愁はしげなる秋の雨かな