和歌と俳句

秋の雨

石鼎
秋雨や群雀すでに松に倚る

石鼎
虫の音にやみの輪いくつ秋の雨

泊雲
篁に来鳴く千鳥や秋の雨

みどり女
秋雨や小柄杓握る手くらがり

久女
つれづれに浸る湯壺や秋の雨

久女
障子はめて重ねし夜着や秋の雨

泊雲
秋雨や木賊折れ伏す池の面

石鼎
夜の地に草の微光や秋の雨

爽雨
秋雨や踏切ふさぐ離れ貨車

泊雲
秋雨や木戸の内外の潦

泊雲
秋雨や色づきたけて野路の草

蛇笏
あき雨に澄む舟つきの砂崩れ

青畝
秋雨や二つ見出でて峡の鳶

青畝
秋雨や火の下出でし夕芥火

泊雲
秋雨や汽車藪を出て嵯峨の駅

龍之介
秋さめや水苔つける木木の枝

亞浪
かたまつて金魚の暮るる秋の雨

喜舟
秋雨や寺の宝の錆轡

千樫
秋の雨ひねもす降れり張りたての障子あかるく室の親しも

耕平
さむざむと暮れて来にけりわが宿の垣根にそそぐ秋雨の音

泊雲
野々宮の藪道くらし秋の雨

泊雲
野々宮は藪間あかりや秋の雨

茅舎
秋雨や佛と住みて深庇

爽雨
漏りそめし客のうしろや秋の雨

月二郎
舟橋を渡る柩や秋の雨

かな女
秋雨の子を遊ばする蓄音機

淡路女
しをしをとしをれ柳や秋の雨