和歌と俳句

吉武月二郎

竹筒に挿し忘れたる扇かな

松の闇水の彼方の燈籠かな

秋立つや厨の窓の高浪に

朝顔や機織りに来る人の妻

舟橋を渡る柩や秋の雨

栗の虫髣髴として仏かな

大木に響きて淋し藁碪

やや寒や朝から日さす端山寺

火を消して山を下るや秋の暮

由良の海野分の潮落しけり

犬吠にかかる船路や夜の長き

籠の魚刎ねずなりたる野分かな

秋風や放生もれし籠の鳥

胡麻叩き秋の昼寝をさましけり

泣く心幼きに似て芙蓉かな

尼と住んで心狂へり烏瓜

夜寒月囁き落つる大樹かな

秋燈や人鎮まつて仏の座

竹の春魂ぬけし鏡かな

秋茄子に再び暑し二三日

人よぢて帆柱高し秋の雲

夜長さを映して澄める鏡かな

己が影怖ぢて逃ぐるや露の虫

春昼に似て鐘遠し竹の春

朴の上に一星落つる夜霧かな