和歌と俳句

吉武月二郎

寺ばかり雪のある日や花八ツ手

干菜風遠火事を見て閉す戸かな

極月や鶴の餌を売る禰宜が宿

御火焼の上に崩れぬ松の雪

木枯の竹山越えて滝の音

大蘇鉄影して眠る小春

古妻の怠る鉄漿や冬に入る

大雪や水暖かに水前寺

起居する灯おふためける屏風かな

夜の音遮り更けし屏風かな

或時は妻をさげすむ寒さかな

冬雨に濡れて歩くや孕み妻

冬庭や飯時知りて犬来る

送り出す人影雪に浮びけり

城下町小春の小鳥鳴きにけり

歳晩の電報受けぬ草の宿

冬晴の土ながめ居る恙かな

人に逢ふ顔さりげなし厄落し

寒鴉雪に飛び浮き飛びながれ

妻が添ふ厠通ひや冬の雨

酔ふわれにしかと妻居る火鉢かな

寒燈やかりそめ言に泣きし妻

病床に我が子を寄せぬ寒さかな