鴛鴦

後撰集 よみ人しらず
夜をさむみ寝ざめてきけばをしぞなく払ひもあへず霜やおくらん

拾遺集 よみ人しらず
夜をさむみねざめてきけば鴛鴦のうらやましくもみなるなるかな

千載集 源親房
かたみにやうは毛の霜をはらふらんとも寝の鴛のもろ声に鳴く

千載集 崇徳院御製
このごろの鴛のうき寝ぞあはれなるうは毛の霜よしたのこほりよ

千載集 賀茂重保
おく霜をはらひかねてやしをれ伏すかつみがしたに鴛の鳴くらん

定家
池水にやどりてさへぞをしまるるをしのうきねにくもる月かげ

定家
つてにきく契りもかなし相ひ思ふこずゑのをしの夜な夜なの聲

式子内親王
群れて立つ空も雪げに冴えくれて氷の閨におしぞ鳴なる

定家
庭の松はらふあらしにおく霜をうはげにわぶるをしのひとりね

定家
ながめする池の氷にふる雪のかさなる年ををしの毛ごもろ


池にすむ鴛の毛衣よを重ねあかずみなるるみずのしらなみ

千代女
そのいきり流すな鴛の又寝まで

千代女
をし鳥や水までしろうなるばかり

蕪村
鴛や国師の沓もにしき革

蕪村
里過て古江に鴦を見付たり

蕪村
鴛や池におとなき樫の雨

太祇
帰来て夜をねぬ音や池の鴛

召波
かたよりて島根の鴛の夕かな

暁台
しのびねに鳴夜もあらん離れ鴛

青蘿
おもひ羽に月さす鴛のうき寐哉

立冬 初冬 神無月  初時雨 炉開 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 鴛鴦 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 冬枯
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内