和歌と俳句

鴛鴦

後撰集 よみ人しらず
夜をさむみ 寝ざめてきけば をしぞなく 払ひもあへず 霜やおくらん

拾遺集 よみ人しらず
夜をさむみ ねざめてきけば 鴛鴦の うらやましくも みなるなるかな

金葉集・冬 顕季
さむしろに 思ひこそやれ 笹の葉に さゆる霜夜の 鴛鴦のひとり寝

千載集 源親房
かたみにや うは毛の霜を はらふらん とも寝の鴛の もろ声に鳴く

千載集 崇徳院御製
このごろの 鴛のうき寝ぞ あはれなる うは毛の霜よ したのこほりよ

千載集 賀茂重保
おく霜を はらひかねてや しをれ伏す かつみがしたに 鴛の鳴くらん

寂蓮
谷ふかき 夜半のうきねや 松風の ほのかにうづむ 鴛鴦のひとこゑ

寂蓮
おほゐ川 ゐせきの水や こほるらむ 早瀬に鴛鴦の こゑくだるなり

鴨長明
曇りゆく 月をば知らで おく霜ぞ 払ひえたりと 鴛鴦ぞ鳴くなる

定家
池水にやどりてさへぞをしまるるをしのうきねにくもる月かげ

定家
つてにきく契りもかなし相ひ思ふこずゑのをしの夜な夜なの聲

式子内親王
群れて立つ空も雪げに冴えくれて氷の閨におしぞ鳴なる

定家
庭の松はらふあらしにおく霜をうはげにわぶるをしのひとりね

定家
ながめする池の氷にふる雪のかさなる年ををしの毛ごもろ


池にすむ鴛の毛衣よを重ねあかずみなるるみずのしらなみ

そのいきり流すな鴛の又寝まで 千代女

をし鳥や水までしろうなるばかり 千代女

鴛や国師の沓もにしき革 蕪村

里過て古江に鴦を見付たり 蕪村

鴛や池におとなき樫の雨 蕪村

帰来て夜をねぬ音や池の鴛 太祇

かたよりて島根の鴛の夕かな 召波

しのびねに鳴夜もあらん離れ鴛 暁台

おもひ羽に月さす鴛のうき寐哉 青蘿