和歌と俳句>>俳句

加賀千代女

たまたまの日に酔臥やかへり花

みよし野や余所の春ほど帰り花

雁の名残思ひ付日や帰り花

春の夜の夢見て咲や帰花

曙は暮のすかたやかへり花

寝た草の馴染はづかし帰り花

見るうちに月の影減る落葉

人相の幾つにしづむ落葉哉

水のうへに置霜流す落葉哉

蜘の巣に落ちてそうして落葉哉

こがらしやすぐに落付水の月

凩によふぞとどけて今朝の月

もの脱でしぐれ詠めむ松の本

仰向て見る人もなきしぐれ哉

此うへはもう白かろふ時雨哉

時雨るるや一間にきのふけふもくれ

松風のぬけて行たるしぐれかな

水鳥の背の高う成しぐれかな

染ぬ葉を見つめて降や夕時雨

茶のからも山とも成てしぐれ哉

末代に残らぬ道やけふ時雨

そのいきり流すなの又寝まで

をし鳥や水までしろうなるばかり

池の雪 やあそべと明て有

はつゆきは松の雫に残りけり

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句