千載集 顕輔
難波潟入江をめぐる蘆鴨の玉藻の舟にうき寝すらしも

千載集 道因法師
鴨のゐる入江の蘆は霜枯れておのれのみこそ青羽なりけれ

式子内親王
冬の池の汀にさはぐ葦鴨のむすびぞあへぬ霜も氷も

定家
下のおもひ上毛のこほり砕くらしうき寝の鴨の夜半に鳴く声

才麿
水凝て鴨なく星の林かな

芭蕉
海くれて鴨のこゑほのかに白し

芭蕉
けごろもにつつみてぬくし鴨の足

鬼貫
遠干潟沖はしら浪鴨の声

蕪村
鴨遠く鍬そゝぐ水のうなり哉

召波
毛を立て驚く鴨の眠かな

召波
鴨の毛や笊打たゝく軒の水

一茶
古利根や鴨の鳴夜の酒の味

良寛
あしびきの山田の田ゐに鳴く鴨の聲きく時ぞ冬は来にける

良寛
小夜更けて門田のくろになく鴨の羽がひの上に霜やおくらん

良寛
夜を寒み門田のくろに居る鴨のいねがてにする頃にぞありける

炉開 口切 十夜 酉の市 茶の花 山茶花 柊の花 八手の花 石蕗の花 芭蕉忌 鉢叩き 大根 小春 冬日和 帰り花 紅葉散る 落葉 銀杏落葉 木の葉 木枯らし 時雨 お火焚 短日 冬の日 顔見世 冬の空 水鳥 鴛鴦 かいつぶり 初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 枯蓮 枯芝
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図