和歌と俳句

素十
夕日沼光りきそへる鴨の波

素十
夕鴨やはるかの一つ羽ばたける

素十
夕鴨や二つ三つづつ水尾明り

普羅
鴨の海二羽づゝ立つてあともなし

立子
水に下りし鴨の羽音や雨の中

立子
下りるとき青美しき鴨のはね

楸邨
洲の鴨のふたたび鳴かぬ夜の雨

楸邨
降る雪にさめて羽ばたく鴨のあり

楸邨
さびしくて鴨まちをれば鴨のこゑ

楸邨
畦凍てて洲にかへるなり小田の鴨

秋櫻子
江流や低きをわたる雪の鴨

楸邨
鴨なけり枯穂の金がひた眩し

楸邨
冬日没る何に立ちさわぐ瀬瀬の鴨

楸邨
雪待月その幽けきを鴨なけり

虚子
鴨の中一つの鴨を見てゐたり

青邨
つがひ鴨田に下り童注進を

耕衣
鴨翔てば古き影あり水の上

爽雨
鴨の陣ただきらきらとなることも

秋櫻子
鴨ひとつ霜の朝空を翔けきたる

秋櫻子
鴨つどひ朝澄む池に波おこる

秋櫻子
鴨のこゑ霜凍る朝をかきみだす

秋櫻子
荒海の鴨が翔け来る潟の上

友二
鴨の水かしこき苑の松の影

林火
押黙る鴨と刻経しわれに気付く

林火
昃る沼吸はるるごとく下りくる鴨

林火
羽ばたき翔ち水したたらす鴨のあり

林火
中天に鴨のこゑあり日眩しき

秋櫻子
閑庭や芝枯れてねむる鴨ふたつ

青畝
鴨の鳴く土師の古道かい暮れぬ

青畝
ひとすぢに天の戸明り鴨の海

耕衣
鴨鳴くや母の小鍋の蓋とれば

楸邨
鴨渡る遠き波へと暮れいそぐ

楸邨
鴨あふぐ征かぬ大学生ふたり

林火
濠の鴨かかるあをぞらいつまでも