和歌と俳句

阿波野青畝

老鶯や頬白なかなか負けてゐず

金石の音も正しく滴れり

武を練りし法親王やほととぎす

鳴る音の梓川なる花野かな

今日の日を穂高にのこす花野かな

夕焼に焼岳の噴煙黄となんぬ

掃きかへす夏炉の塵は又燃えぬ

落葉松は良夜の湖をかくし得ず

白峰の隈なくて悲しけれ

ともしびの中へひたすら柳ちる

ひとすぢに天の戸明りの海

風花のちりつつ月は十五日

刈らむとす和布の上を潮の鎌

追う鎌のひらりひらりと和布刈

ちちと呼ぶ大堰のなつかしや

耕の姐さまかむり吾妹なり

山畑を打つや大きくうつむきて

老遍路ころろころろと漱ぐ

緋鯉真鯉卯の花腐しうれしくて

端居して水甕もそば鍋もそば

浮御堂ながめの蚊帳に継あたり

金剛のならび落つ雲の間

雲海に指の穴ほど日本海

志賀の雲やぶるるたびに盆の月

浮碧楼しきりにの落つるなり

唐辛子筵ひきずり皆をどる

金堂にくはしくも舞ふところ