和歌と俳句

穂高岳

牧水
たち向ふ穂高が嶽に夕日さし湧きのぼる雲はいゆきかへらふ

晶子
連山の穂高と聞けるあたりよりほのかにしらむ朝ぼらけかな

憲吉
穂高岳河にのぞみて雲吐けり雷のごとくに空に巖しき

キヤンプの火あがれる空の穂高岳 楸邨

穂高岳霧さへ嶺を超えなやむ 秋櫻子

穂高岳真日さす霧の立ちにけり 秋櫻子

茂吉
ここに吾居りて天とほき信濃路の穂高の山に雪は離れず

茂吉
大き山わが目のまへに見えたるを穂高の山と言ひにけるかも

茂吉
しづまりし色を保ちて冬に入る穂高の山をけふ見つるかも

茂吉
夜ひと夜雨ふりしかど一夜あけ穂高の山に日はあたりけり

茂吉
よべ一夜しぐれ雨ふり今朝みれば穂高の山は雪ふりにけり

穂高岳秋たつ空の紺青に 

穂高岳雷雲の上に巌そびゆ 秋櫻子

穂高見て深山の菌を敷きいこふ 秋櫻子

茂吉
大平の峠に立てば天遠く穂高のすそに雲しづまりぬ

茂吉
雪かむる現のさまや天とほき穂高のやまには雪降るらしも

秋の空穂高嶺雲をゆかしめず 蛇笏

八一
かみつけのくにのかぎりとたつくものひまにもしろきほたかねのゆき

東風ふいて巣箱にひくき穂高嶽 蛇笏

藍々と五月の穂高雲をいづ 蛇笏

今日の日を穂高にのこす花野かな 青畝

茱萸さいて穂高嶺あをき雲閧ゥな 蛇笏

穂高嶺の雲居遥かに来る秋か たかし

穂高嶺の立たす雲路のすでに秋 たかし

夏雲の奥鬱窟と穂高在り たかし

落穂拾ひ去るや夕澄む穂高岳 秋櫻子

岩雲雀雪をさすがに遠穂高 悌二郎

月に競ふ乗鞍の大穂高の嶮 たかし


信濃 浅間山 碓氷の山 更科・更級 千曲川 姨捨山 善光寺 蓼科 乗鞍岳 上高地 梓川 八ケ岳 諏訪湖 木曽 木曽川
金沢 浅野川 犀川 医王山 卯辰山公園 兼六園 成巽閣
布施の海 二上山 奈呉の海
糸魚川 市振 親不知 妙高 地獄谷 赤倉温泉 池の平 佐渡 順徳上皇史跡 外海府海岸
富士山 富士五湖
赤城山 佐野・狭野:群馬県高崎市内 利根川:群馬・新潟県境に源を発し太平洋に注ぐ。 榛名山 榛名湖 伊香保 妙義
室の八島 那須 殺生石 男体山 奥日光 戦場ヶ原 湯元温泉 竜頭の滝 日光 東照宮 中禅寺湖 華厳の滝 大谷川 鬼怒川