和歌と俳句

金沢

簀むし子や雨にもねまる蝸牛 龍之介

町なかの銀杏は乳もけり 龍之介

下照る夏灯車中童話を読む声あり 草田男

今見しを月下の石蕗に時雨来る 秋櫻子

暁烏文庫内灘秋の風 虚子

ここに来て百万石の花見せん 虚子

初花を見つけしことよ雨の中 立子

雪吊の百万石の城曇る 青畝

浅野川

初鮭や市中を通る浅野川 涼莵

物浸けて即ち水尾や秋の川 虚子

兼六園

松籟も噴水に来て真白に 草田男

童顔の玲瓏たりや菊日和 秋櫻子

梢ごし旅に見下ろす運動会 草田男

成巽閣

びいどろに夏の蘚苔まさをなる 楸邨

旅びとに雷もとどろく秋時雨 楸邨

襖絵の蔭ひややかに武者隠 楸邨

犀川

犀川を見送り様に梅雨漏れ日 草田男

犀川も町を去る川蜻蛉来る 汀女

医王山

医王山朝日下り来て菊日和 秋櫻子

卯辰山公園

残りけり卯辰にかかる峰の雪 北枝

稲田蔽ふ雲冷やかに暮れてゆく 亜浪