和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

古寺を燈籠明りにたづねけり

はじまらんの場の人ゆきき

大文字待ちつつ歩く加茂堤

新涼や精進料理あきもする

仲秋や月明かに人老いし

御簾几帳吹きゆがめたる野分かな

萩を見て暫くありておとなひぬ

の坂高野の僧に逢ふばかり

遅月の山を出でたる暗さかな

清閑にあれば尽き出づおのづから

杭に繋ぐ一片舟や月の海

楼の月柱にそひて昇りけり

提灯を高く上げ見る夜霧かな

蜻蛉とぶ紀の川広き眺かな

秋天の下に浪あり墳墓あり

豊年の田の面の案山子沈み居り

柚味噌にさらさらまゐる茶漬かな