和歌と俳句

紅葉

茂吉
くれなゐの濃染のもみぢ遠くより見つつ来りていま近づきぬ

夕紅葉我が杖月のかげをひき 茅舎

濃紅葉に日のかくれゐる美しさ たかし

這ひのぼり失せし日かげや谷紅葉 たかし

山坂に爪立ち憩ふ紅葉かな たかし

雨あとの石あらはなる坂紅葉 たかし

たかし
温泉の香のただよひゐるや夕紅葉

眼ほそめて日ざせる紅葉打仰ぎ 野風呂

大巌を這へるもの皆紅葉せり 野風呂

紅葉山重なり出づる谿紅葉 立子

白壁におはちを干せり紅葉茶屋 立子

香落路はバスも屋根なし紅葉狩 立子

幾色の紅葉の丘に照る日あり 

紅葉雨鎧の武者のとほき世を 鷹女

幻影は弓矢を負へり夕紅葉 鷹女

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉 鷹女

不二が照る雑木もみぢの日々の窓 

遠足の子等に交りて紅葉山 立子

渓谷を飛ぶ紅葉あり温泉の窓 たかし

紅葉濃し谷川嶽の雪照りて たかし

紅葉山高くそそりて利根細る たかし

紅葉山ずかと塞ぎて国境 たかし

佇ちよれば湯けむりなびく紅葉かな 久女

たかあしの膳び菓子盛り紅葉寺 虚子

縁談はひとに紅葉はわれに映ゆ 蕪城

紅葉山禰宜をろがむは伊勢のかた 蕪城

道欠けて淵を見せゐる紅葉かな たかし

濃紅葉をさしはさみけり藪の家 たかし

霧の中むら消えのして紅葉山 花蓑

濃紅葉の中深くある青さかな たかし

木々の間に紅葉のいろのかたまれる 素逝

竹林をそびらに紅葉うきあがり 素逝

空に透き紅葉いちまいづつならぶ 素逝