和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

愛でてそぞろ歩きす松の間

もてなしの女あるじや萩の花

母と娘の清らに住めり萩の宿

千二百七十歩なり露の橋

月浴びて玉崩れをる噴井かな

蜻蛉のさらさら流れ止まらず

秋の蚊の居りてけはしき寺法かな

秋雨のどつと寒しや山の町

山川の斯るところに下り簗

山々の紅葉しそめぬ下り簗

廊下行く手燭に風や聞く

稲刈りて道の遠さや清涼里

崖下や打重なりて紅葉茶屋

行秋や川をはさみて異国町

墓生きて我を迎へぬ久しぶり

一人居の廻り燈籠に灯を入れぬ

提げて行く廻り燈籠を見舞かな

避暑人のへりたる濱の花火かな

花火やや飽きた空の眺められ

我声の吹き飛び聞ゆ野分かな

野分跡倒れし鶏頭皆起す

父母の夜長くおはし給ふらん

露葎老のかんばせうつるやと

其中に金鈴をふる一つ

十六夜の月も待つなる母嫁かな

いちじくのまことしやかに一葉かな

大江の両岸の蘆刈るとかや