和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

七夕の歌書く人によりそひぬ

顔出来て浴衣著て居る踊り前

棚ふくべ現れ出でぬ初嵐

雨風や最もをいたましげ

露の戸をよろぼひ入りて締めにけり

端居して月に仰むく子供かな

月明に仰ぎ伏したるベンチかな

曼珠沙華あれば必ず鞭うたれ

叢をうてば早や無し曼珠沙華

松の塵こぼるる見ゆる秋日和

秋の暮外の話に耳とむる

頂に大きな旗や菌山

峻峰の前に小さし菌山

夕靄の静かに包むの村

自らの老好もしや菊に立つ

病よし菊の畑の荒を見る

はらはらと山の落葉や菊畑

栗拾ふ却て椎の木の下に