和歌と俳句>>俳句

室生犀星

新年の山重なりて雪ばかり

新年の山襞に立つ烟かな

元日や山明けかかる雪の中

寒竹や芽の向き初日さしにけり

若水や人の声する垣の闇

お降りや新藁葺ける北の棟

世を侘ぶる屋根はトタンかお降りす

何の菜のつぼみなるらん雑煮汁

鍬はじめ椿を折りてかへりけり

買初の紅鯛吊す炬燵かな

若菜籠ゆきしらじらと畳かな

古き世の顔も匂ふや松の内

くろこげの餅見失ふどんどかな

坂下の屋根明けてゆくどんどかな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 かな女 しづの女 万太郎 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句