富安風生

島田髷結ひ馴らすなり福寿草

前髪に落ち来る羽子を打返す

渡守正月の靴を穿いてみし

門松やあひだあひだの枯柳

春著かな両手に抱いて重き袖

蓬莱を掛けてアトリエ新しく

出初式梯子の空の上天気

冬霧のかゝる上野や出初式

初富士を漁師の中に拝みけり

道の辺や羽子沈みゐる芹の水

羽子板や母が贔屓の歌右衛門

国許の母が来て居て二の替

腕きゝの若手揃ひの二の替

一月は「暫」の絵や初暦

獅子舞の大きな門をはひりけり

松立てゝ漂うてをる小舟かな

鯨船松飾してかかりをり

うらじろの剪りこぼれをる山路かな

万歳の三河の国へ帰省かな

初富士や茶山にかくれなし

初富士や垣ぞひ行けば垣の上

初富士の大きかりける汀かな

廂より垂れたる松の初雀

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句