和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

盆の月暫し燈籠と重なりぬ

蜻蛉釣にまじりて一人家恋し

麻刈りし畑ひろびろと蜻蛉釣

朝寒や機鑵車ぬくく顔を過ぐ

風出たる椎の大樹や露時雨

中元や老受付へこころざし

雨の軒七夕竹を押しつけし

夜もすがら騒ぐ芭蕉や秋の宿

しみじみとの宿かな水の音

車窓より雪の遠嶺やの旅

野分やゝ衰へし園を一めぐり

稲の穂の向き合ひ垂るる小畦かな

霧の奥山見え来るや鳥威し

法師蝉かたみに鳴ける二つかな

松の上に蜻蛉高き日和かな

秋草に影まじはれる大地かな

蕋の黄を堅く啣みぬ秋海棠

菊人形を崩せしあとの空地かな

向き定めて流れそめたる木の実かな

燈籠の西日に晒るる二階かな

朝顔や檜垣にのりししだり咲

しだり或は松のしげみより

何処より木犀匂ふ対座かな

高黍の門辺に立てば初嵐

夕空のなごみわたれる案山子かな