和歌と俳句

富安風生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

神苑の草紅葉せる詣でかな

前栽の柘榴が笑めるよきまどゐ

誰が結ひし七夕色紙梅ヶ枝に

手にしたる赤のまんまを手向草

行燈さげ老の手をとり蟲の園

里の子の見せじとかばふ菌籠

秋風に鳴る風鈴は道しるべ

篝火のここまでぬくし十三夜

颱風に吹きもまれつつ橡は橡

水澄むと靴を休むる杭がしら

道ばたに伏して小菊の情あり

道の菊杖を停めてあはれみぬ

みなし栗ふめばこころに古俳諧

仰ぐ傘傾けて雨もやみ

はればれとたとへば野菊濃き如く

紫のもの紅に末枯るる

の庭犬去り猫来また犬来る

轡虫かすかに遠き寝のやすく

秋浜の大きく濡るる波のあと

曼珠沙華恙なく紅褪せつつあり

黍高く秋燈孤なる家かなし

早紅葉にはや冬支度心せき

稲架の稲ただしく垂れて水平ら

はたはたのとびかひ高く雲遠く

太幹のかげより起る秋の風

嵐めく風藤の実にふとしづか

時化過ぎぬ玉蜀黍もさも疲れ

唐黍の葉も横雲も吹き流れ