和歌と俳句

八一
にははれてえひろごれるやまぶきのえださししのぐはぎのはなぶさ

八一
うゑおきてひとはすぎにしあきはぎのはなぶさしろくさきいでにけり

茂吉
いにしへの人がいひたる如くにし萩が花ちる見る人なしに

水鉢にかぶさり萩のうねりかな 虚子

萩の戸に寄り添ひ立てば昔めき 虚子

糸萩や古代紫世に埋もれ 鷹女

よき部屋の深き廂や萩の花 虚子

野萩咲き清瀬療舎の標立つや 秋櫻子

野萩咲き低い山ひとつ雲を脱ぐ 秋櫻子

見る人に少しそよぎて萩の花 虚子

萩花をつけくる一と日一と日かな 万太郎

ほろほろと蝶あがるなり萩の中 万太郎

萩真白海渡りきて子規拝む 三鬼

萩咲けり浅間をのぼる雲みだれ 秋櫻子

野萩咲く上に折れつつ狐舎の影 秋櫻子

萩咲くや縁繕へば軒破れ たかし

よろめきて杖つき萩の花を見る 虚子

萩寺の夜雨の萩に濡れしのみ 波郷

われとわが影垣間見ぬ乱れ萩 波郷

野萩咲き林道直ぐに遙かなり 秋櫻子

少女期は何か食べ萩を素通りに 風生

病める身は時間金持萩に読む 波郷

白萩ははね紅萩はうづくまり 立子

初萩にめざとく縁を下りたるか 爽雨

萩咲くや回せばまはるかせ車 悌二郎

萩もやや枝のながれの相へだつ 爽雨

白萩のみだれも月の夜々経たる 悌二郎

萩ことし観月の日を走り咲 林火

先師の萩盛りの頃やわが死ぬ日 林火

萩明り師のふところにゐるごとし 林火