和歌と俳句

萩咲くやまだ縫物に親しまず みどり女

庭の萩句の母にそふ女の子 みどり女

話声萩のうしろのあたりより みどり女

夕萩にまとふ羽織の匂ふかな みどり女

帯留の翡翠も淋し萩の中 万太郎

暁深く萩おのづからみだれけり 亞浪

こぼれつく萩にいく日の句精進 野風呂

燈籠に灯入れてよりの小萩なる 石鼎

東に夕焼雲や萩に立つ 石鼎

早咲きの萩にのぼるや紀三井寺 播水

萩を見てあれば灯りぬ双林寺 播水

雨の萩盛りはすこし過ぎたれど 播水

萩叢をうつり消えたる夕陽かな 播水

鞍馬路をはさみて萩の寺二つ 播水

山萩にふれつつ来れば座禅石 久女

近よれば髪の上まで萩の花 立子

このいただきに来て萩の花ざかり 山頭火

身に触れて萩のこぼるるよ 山頭火

ゆつくり歩かう萩がこぼれる 山頭火

線路へこぼるる萩の花かな 山頭火

折りとりて花みだれあふ野萩かな 蛇笏

咲いてこぼれて萩である 山頭火

道がなくなり萩さいてゐる 山頭火

空の色だんだん変る萩の花 立子

茂吉
わが友に導かれ来し義仲寺のせまきくまみの萩咲かむとす

萩咲くやみちのくへ入るのあと 秋櫻子

近道のいちはやく山萩の花 山頭火

萩さいてそこからなんとうまい水 山頭火

萩に萩さき山蟻のゆきき 山頭火

坊々に犬を飼ひをり萩の花 立子