阿部みどり女

カンバスに木々のほむらや秋の蝉

掻き合す襟たよりなし萩の風

山葡萄這ひのりもぎぬ蔓ながら

紅葉せし葉につゝみけり山葡萄

一幕を残して出でぬ盆の月

虫の月かそけくかゝる大樹かな

帯にふれて冷かにゆれにけり

木犀のこぼるゝ石に憩ひけり

咲くやまだ縫物に親しまず

庭の句の母にそふ女の子

話声のうしろのあたりより

夕萩にまとふ羽織の匂ふかな

十六夜の月見そなはす御仏

芒の香こもりて雨の十三夜

秋風に草枯れへりしところかな

初秋や舟子が着たる白襦袢

初秋の月大川に光りけり

うつり来しとなり静かや虫の夜

裏門に別れし秋の夕べかな

暗がりを出て来し人やの道

鈴なりの銀杏ながめ雨やどり

いでたちのひとしき僧や花野ゆく

主従して秋の焚火の二たところ

椎の実や落葉の上に落ちし音

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句