阿部みどり女

訪へば声なし金魚屋の遠くより

草を馬四角に積んで雲の峰

板三枚渡しありまひまひ藻を廻る

葭切や病人のせし舟いづこ

園広し日盛りの池の大柄杓

坂に来てもどかしき車や四方若葉

尼他行あやめ日に萎え空池に

芝生より下りて菖蒲にひくゝ居る

菖蒲湯にうめる水白く落ちにけり

若葦や風におされて水の皺

風鈴や一座句作に静まれば

頑なに情けうすからず袷人

又も雨がもたらす暗さ菖蒲池

からかさにさはるからかさ摘む

羅かけし屏風に透きて歌麿画

相背きて高く飛ぶ蝶夏よもぎ

日にかざす扇小さし舟遊び

川床に釣竿よりのとばつちり

灯の色や指遊ばせて卓のばら

葉桜にかな女が窓の開け放し

牡丹活けて昼一杯の用欠きぬ

梅雨鏡袖にぬぐひ見て客の前

青桐に寝不足よりの立ちぐらみ

金魚見るや雨やみがての傘廻しつ

独り居れば昼餉ぬきもし百日紅

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句