阿部みどり女

華かに女あはれや著莪の花

ばらに降る雨とぎれけり起きて見る

日盛りの読経すみし僧二人

借りてさす傘美しき新樹かな

額の葉に昼を眠れるかな

男の子一人女子一人や更衣

窓の花に折々蝶や更衣

化粧して恙な忘れぬ初袷

初袷訪ふべき誰彼思ひ見る

葉と花と別れて細し碇草

つき上げし日覆の下や鉢葵

水盤に一人きりなる昼餉かな

夏痩や少き髪の乱れがち

一様に風にゆられて金魚かな

忙しさをたのしむ母や夏休

ひたすらにこの子たよりや夏休

雨やみて畑に姉妹

ゆるやかに遠のく舟や行々子

両脇に男の子女の子やはたゝ神

夏蝶や花魁草にばかり来る

再びの夕立にあふ山路かな

打水のしてある庭のむべの花

枇杷積んだ馬が通りぬ屋敷内

矢車の竿つかへつゝ上りけり

昼寝ともつかず打ち伏す疲れかな

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句