和歌と俳句

松島

詞花集・賀 清原元輔
松嶋の磯にむれゐる葦鶴のをのがさまざま見えし千代かな

後拾遺集・恋 重之
松島や雄島の磯にあさりせし海人の袖こそかくはぬれしか

新古今集・秋 鴨長明
松島やしほ汲むあまの秋の袖はものおもふならひのみかは

俊成
たちかへりまたも来て見む松嶋や雄島の苫屋なみにあらすな

定家
ふくる夜をこころひとつに恨みつつ人まつ島のあまの藻鹽火

続後撰集・秋 権律師公猷
松島や あまのとまやの 夕ぐれに しほ風さむみ 衣うつなり

嶋じまやちぢにくだきて夏の海 芭蕉

松島や鶴に身をかれほとゝぎす 曾良

松島や嶋かすむとも此序 其角

松嶋の松陰にふたり春死む 素堂

松島や小すみは暮てなく雲雀 一茶

子規
心なき月はしらじな松嶋にこよひ許りの旅寐也とも

子規
いつの代にふきし嵐ぞ八百あまり砕けてちりし沖の松しま

すずしさの腸にまで通りけり 子規

すずしさや片帆を真帆に取直し 子規

すずしさや舟うつり行千松嶋 子規

涼しさや嶋かたぶきて松一つ 子規

涼しさや嶋から嶋へ橋づたひ 子規

松嶋の闇を見てゐる涼みかな 子規

島々に名札立ちたる涼しさよ 虚子

茂吉
ひむがしの 海かぎり見ゆ 松島の 海路をこえて きらへるも見ゆ

茂吉
松島の うみ逆まに 光うけ 水銀のいろ たまたまくろむ

茂吉
ひゆうひゆうと 寒さ身にしむ 午後四時に 松島を出でつ 小舟に乗りて

松島の若葉に没す夕鴉 みどり女

磯薄暑遊覧船はぽつりと来 汀女

松島の西日をさして渡り鳥 みどり女

満潮の松島湾に藻刈屑 みどり女

松島に一夜を明かす冬の蝶 みどり女

松島の松に雪ふり牡蠣そだつ 青邨

夜振の灯かざせば水のさかのぼる 汀女

また島にしたがふ小島や冬日和 汀女

茂吉
松島の あがたに生くる 牡蠣貝を 共にし食ひて 幸とせむ

茂吉
松島の うみのなぎさに おり立ちて みちのくびとと ひとりごちける

松島流燈ただみる悲喜を丹青光 草田男

流燈無風故旧と戦没いまねむれ 草田男

松島流燈不動のままや寝られず 草田男

夏潮にほろびの小島舟虫共 三鬼

飛び立つて十字絣の海の 誓子

流灯会陸奥の夜潮の早さかな 汀女

流灯の従ふ湾の流れとぞ 汀女

松島の松もて青嶺なす島も 爽雨