和歌と俳句

子規
夜更けたり何にさわだつ鴨の声

子規
鴨鳴くや上野は闇に横はる

子規
内濠に小鴨のたまる日向哉

碧梧桐
石垣に鴨吹きよせる嵐かな

碧梧桐
沼移りしてつどひをる鴨小鴨

碧梧桐
望む松凍てつく星や鴨の鳴く

虚子
鴨の中の一つの鴨を見てゐたり

憲吉
このゆふべ背戸の刈り田の霧ぬちに鴨聞きながら雨戸を繰るも

憲吉
霧ながら月の照りたる刈り田にはいづらやほそく鴨の啼くらむ

憲吉
よく見ればすぐの刈り田の月影のゆらげる水に歩み居る鴨

憲吉
立ち聞きて暫く待ちて戸を閉ぢぬ乏しくはあれど鴨のなく聲

千樫
朝早み電車のりかふる三宅坂鴨ゐる濠を立ちてこそ見れ

千樫
朝早きさくら田の濠靄にほひ鴨うち群れていつぱいにゐる

千樫
水の上に下りんとしつつ舞ひあがる鴨のみづかきくれなゐに見ゆ

石鼎
旭の鴨に霜屑落とせ湖の城

石鼎
水はなれ飛ぶとき濃さや鴨の足

石鼎
鴨浮くや色濃き波にかくれつゝ

石鼎
鴨なくや雪深々と月の橋

石鼎
鴨啼くや嘴くらくあげ日の真下

石鼎
蘆の鴨あえかの月に水はなれ

赤彦
雪の山さやかにうつるみづうみに暁鴨の動きゐる見ゆ

泊雲
風浪の鴨たち直りたち直り