和歌と俳句

正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

帆柱に月待ちながら時雨かな

の上野に近きいほりかな

南天をこぼさぬ の静かさよ

一村はにうもれて煙かな

冬川の菜屑啄む家鴨かな

ところどころ菜畑青き枯野かな

日のさすや枯野のはての本願寺

野は枯れて杉二三本の社かな

上げ汐の千住を越ゆる千鳥かな

夜更けたり何にさわだつ鴨の声

はし鷹の拳はなれぬ嵐かな

天地を我が産み顔の海鼠かな

妹がりや荒れし垣根の蠣の殻

吹きたまる落葉や町の行き止まり

山の井の魚浅く落葉沈みけり

大村の鎮守淋しき落葉かな

捨てて置く箒埋めて落葉かな

延宝の立石見ゆる落葉かな

尼寺の仏壇浅き落葉かな

飛ぶが中に蔦の落葉の大きさよ

冬木立五重の塔の聳えけり

枯荻や日和定まる伊良古崎

冬枯や張物見ゆる裏田圃

恋にうとき身は冬枯るる許りなり

寒菊や村あたたかき南受