正岡子規

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

大庭や落葉もなしに冬木立

草枯れて礎残るあら野哉

冬枯や鳥に石打つ童あり

冬枯や大きな鳥の飛んで行く

冬枯や王子の道の稲荷鮨

冬枯や隣へつづく庵の庭

淋しさもぬくさも冬のはじめ

冬ざれや稲荷の茶屋の油揚

ともし行く灯や凍らんと禰宜が袖

冬の日の刈田のはてに暮れんとす

大極にものあり除夜の不二の山

うつせみの羽衣の宮や神の留守

世の中も淋しくなりぬ三の酉

夜の雨昼の嵐や置巨燵

われは巨燵君は行脚の姿かな

絵屏風の倒れかかりし火桶かな

藁掛けて冬構へたり一つ家

箒さはる琴のそら音や冬籠り

一村は冬ごもりたるけしきかな

かゆといふ名を覚えたか冬籠

子を負うふて大根干し居る女かな

押さるるや年の市人小夜嵐

何となく奈良なつかしや古暦

しぐるるや鶏頭黒く菊白し

蒟蒻にしぐれ初めけり笊の中

漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 播水 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 素逝 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句