和歌と俳句

正岡子規

5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

帰り咲く八重の桜や法隆寺

冬枯の中に小菊の赤さかな

冬枯やともし火通ふ桑畑

枯菊に着綿程の雲もなし

枯薄ここらよ昔不破の関

枯芝に松緑なり丸の内

古寺や大日如来水仙花

尼寺に冬の牡丹もなかりけり

水引くや冬菜を洗ふ一と構

売り出しの旗や小春の広小路

十二月上野の北は静かなり

行く年を母すこやかに我病めり

冬ざれや狐もくはぬ小豆飯

寒けれど富士見る旅は羨まし

蝋燭の泪を流す寒さ

靴凍てて墨塗るべくもあらぬ哉

琵琶冴えて星落来る台哉

戸を閉ぢた家の多さよ冬の村

冬籠長生きせんと思ひけり

老僧の爪の長さよ冬籠

冬籠あるじ寐ながら人に逢ふ

いもあらばいも焼かうもの古火桶

冷え尽くす湯婆に足をちぢめけり

目さむるや湯婆わづかに暖き