和歌と俳句

枯菊

枯菊に着綿程の雲もなし 子規

菊枯れて上野の山は静かなり 子規

菊枯れて松の緑の寒げなり 子規

背戸の菊枯れて道灌山近し 子規

蚕桑も拙なき里や菊枯るゝ 碧梧桐

菊枯れて対座の人と離心もつ かな女

枯菊や雨きて鶏の冠動く 蛇笏

枯菊や褪せつくしたる紅の色 万太郎

枯菊に日の色あれば悲しめる 万太郎

菊枯るる鉢のはざまを掃きにけり 爽雨

枯菊やこまかき雨のゆふまぐれ 草城

枯菊と言ひ捨てんには情あり たかし

枯菊をたばねて捨てあり滑川 立子

枯菊を焚いて鼻澄む夕べかな 亞浪

そへ竹のみな細々と菊枯るる 立子

色菊の相もつれつつ枯れそめし たかし

白猫の綿の如きが枯菊に たかし

家家の枯菊捨てぬ滑川 たかし

枯菊を焚きたる灰のあがりけり 万太郎

菊枯れて書斎のもののうづたかく 青邨

枯菊を剪らずに日毎あはれなり 虚子

起き直り起き直らんと菊枯るる 虚子

枯菊を剪るうす埃あがりけり 風生

枯菊に尚色とうふもの存す 虚子

枯菊に莚のはしのかかりけり 虚子

枯菊に帚塵取休みをり みどり女

モナリザはいつもの如し菊枯るる 青邨

菊枯れて農閑の炉となりにけり 麦南

枯菊を焚くや冬心そぞろなる 麦南

枯菊の香を愛しともむなしとも 麦南

枯菊を刈らんと思ひつゝ今日も 麦南

枯菊の相抱くあり倒れつつ たかし

枯菊に鏡の如く土掃かれ 立子

暮靄濃し早や枯菊にのみならず 汀女

休日に又も雨降り菊も枯れ 立子

母の恩枯菊の惨うつくしき 不死男

枯菊を離れず鳩の白胸毛 波郷

菊枯るるいのちあるゆゑ湧く泪 不死男