皆吉爽雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

松活けて瓶腹太し冬の宴

雪晴の窓まばゆさや煖炉たく

外套や闇の尾曳いて灯に出でぬ

枯草や水たまりゐるころげ壜

ほつれ毛に雪片ゆれてかかりけり

荷を解くや縄屑炉火に燃やしつつ

纜むすぶ沈める杭や水の冬

時雨るるや芝に小さき蔦紅葉

月暈の中を雲とぶ時雨かな

庭落葉掻きおさへ置く熊手かな

餅搗や竈火明りにこぼれ米

時雨るるや人かたことと軒宿り

菊枯るる鉢のはざまを掃きにけり

霜晴の障子ひびかせはかきけり

今の間に風邪声となり火桶抱く

ほそぼそと枯れそろうたる掛菜かな

忌みこもる報謝もらさじ寒念仏

くさめ聞く寒さうつりや十夜堂

仏壇を灯す孤影や除夜の母

つむや荒瀬が中のかかり枝

凍て仏飯さげてすませし朝餉かな

ささ鳴や頂上ちかき雪解道

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亞浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句