和歌と俳句

皆吉爽雨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

冬耕の田のま中より打ちはじむ

書をあけて活字とびちり日向ぼこ

みつめたる日は燃えゆがみ日向ぼこ

茶の花のたまたま大に仰向きに

鎌倉山茶花日和大人の門も

悴みて繰れば画譜みな花ひらく

悴みてただポケットに陥る手

煮えふるふものに箸のべ薬喰

息白く別れ促すごとくなり

うべなひし息のまどかに白かりし

裏富士の夕べ傾きの湖

近づくと見えし湖昃り去る

はこびくる薪に雪つみ炉べ更くる

山荘の榾こそ尽きね壁炉もゆ

ことごとく炉火金色と思ふとき

火の山の夜明り見んと炉べをたつ

雲凍てて噴煙打つにまかせたり

湯殿には椎茸づくり冬ごもり

絵の売れし画室のさびれ笹子鳴く

咳つづく窓の月はもくつがへり

書見器に画集燃えもし風邪籠り

風邪こもる部屋のガス炉の花の如

いづくにか在りたる冬至南瓜切る

あつる刃に冬至南瓜の古朱映ゆる

疎けれど炭のお歳暮怠らず