大野林火

手毬唄きこゆる生涯の家と思ふ

湯にぬくめ喪の正月の五十の身

洗はれて櫓櫂細身や注連飾

吹かれつつ獅子舞とゆく伊良胡岬

海に流れ出でて初日の荒筵

未来ひとつひとつに餅焼け膨れけり

年いよいよ水のごとくに迎ふかな

年酒酌む夜発つ若者らと語り

獅子舞の来る町内に古りにけり

唐子立つごとく十あまり福寿草

この世よりあの世思ほゆ手毬唄

屠蘇の座に遠山脈も加はれり

万歳の三河の波の鼓のごとし

水底に元日の日のあふれけり

日暮れてはつねの老人お元日

いくさなきをねがひつかへす夜の餅

ゆふぐれの枯木に独楽をぶつけたり

橙垂れ道せばめたり蜑が家

屠蘇ふふみ喜寿うべなうてばかりかな

初御空大王松よりひらけたる

田作の金色なすを嘉とせり

年改まることのさだかに松の風

初昔白き卓布にうすき翳

門川の音追うてゐる初昔

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 亜浪 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句