和歌と俳句

伊良湖崎

愛知県知多半島の先端の岬。

打ち麻を麻続の王海人なれや伊良虞の島の玉藻刈ります

麻続王
うつせみの命を惜しみ波に濡れ伊良虞の島の玉藻刈り食む

万葉集 人麻呂
潮騒に伊良虞の島辺漕ぐ船に妹乗るらむか荒き島廻を

千載集・雑歌 藤原顕季
玉藻刈る伊良胡が崎の岩根松いく世までにか年のへぬらん

国信
波のおる 伊良湖の崎を いづる舟 はや漕ぎ渡せ しまきもぞする

西行
伊良胡崎に鰹釣り舟並び浮きてはがちの波に浮かびつつぞ寄る

西行
巣鷹渡る伊良胡が埼を疑ひてなほ木に帰る山帰りかな

芭蕉
鷹一つ見付てうれしいらご崎


三河の伊良胡が崎はあまが住む庭のまなごに松の葉ぞ散る


いせの海をふきこす秋の初風は伊良胡が崎の松の樹を吹く


しほさゐの伊良胡が崎の萱草なみのしぶきにぬれつゝぞさく


潮さゐの伊良胡が崎の巌群にいたぶる浪は見れど飽かぬかも


伊良胡崎なごろもたかき小夜ふけに搖りもてくれば心どもなし

土屋文明
友ありて遠きなぎさを伊勢の國の見ゆる岬にめぐり来にけり

土屋文明
伊良湖のありその山に飛ぶ鳶のおりてゆきたり松山の中に

炎天や彷彿として伊良子崎 石鼎

鷹を頂側枝幾重の海の松 草田男

到るやここを離れぬ鷹か海へ舞ふ 草田男

鷹の海銀に小刻み伊勢の方 草田男

伊良湖岬吹かれて冬の髪膚乾く 楸邨

吹かれつつ獅子舞とゆく伊良胡岬 林火

天の川垂れて伊良虞は島ならず 青畝



名古屋 熱田 年魚市潟 鳴海 笠寺 星崎 八つ橋
伊豆 土肥 下田 修善寺 湯ヶ島 浄蓮の滝 宇津山 大井川 清美潟 三保の松原 清見寺 小夜の中山 田子の浦 富士山 天竜川
五十鈴川 伊勢の海 鈴鹿山 鈴鹿川 手節の崎 二見の浦