和歌と俳句

鈴鹿山

拾遺集・雑 村上院御製
思ふ事なるといふなる鈴鹿山こえてうれしきさかひとぞきく

拾遺集・雑 斎宮女御
世にふれば又もこえけり鈴鹿山昔の今になるにやあるらん

金葉集・冬 摂政家参河
神無月しぐれの雨の降るからにいろいろになる鈴鹿山かな

俊頼
鈴鹿山 関のこなたに としふりて あやしくも身の なりまさるかな

俊頼
おともせで こゆるはしるし 鈴鹿山 ふりすててける わが身なりとは

俊頼
ふりすてて こえざらましか 鈴鹿山 あふぎのかぜの ふきこましかば

千載集・冬 内大臣良通
降るままに跡たえぬれば鈴鹿山こそ関のとざしなりけれ

新古今集・雑歌 西行
鈴鹿山憂き世をよそに振り捨てていかになりゆくわが身なるらん

俊成
霞こそたちこめたるを鈴鹿山春になるとはいかでいふらむ

西行
古りずなほ鈴鹿に馴るる山だちは聞え高きも取り所かな

定家
えぞ過ぎぬこれやすずかの関ならむふりすて難き花の蔭かな

定家
秋は来て露はまがふとすずかやまふる紅葉ばに袖ぞうつろふ

新勅撰集・雑歌 有家
あきふかく なりにけらしな すずかやま もみぢはあめと ふりまがひつつ

許六
伊勢は照る馬子の鈴鹿は花ぐもり

支考
鈴鹿よりあちらは白し神無月

越人
稲づまや浮世をめぐる鈴鹿山

涼菟
おそろしき鈴鹿もいまや初紅葉

暁台
華を踏て岩に角なし鈴鹿山

子規
ふると見し鈴鹿の山ははれにけり日影うら照る夕立の雲

子規馬子哥の鈴鹿上るや春の雨

子規
や馬子を相手の鈴鹿越

子規
夕立の鬼も降るかと鈴鹿山

子規
ふらばふれに鈴鹿の関こえん

楸邨
鈴鹿嶺の南にの障子かな



伊勢 伊勢神宮 伊勢の海 五十鈴川 二見の浦 手節の崎 鈴鹿川
奈良 秋篠 秋津 飛鳥・明日香 飛鳥川 大原 石上布留 生駒山 三室山 岩瀬の森 竜田川・立田川 竜田山・立田山 畝傍山 香具山 耳成山 片岡 二上山 葛城山 初瀬・泊瀬 三輪山 巻向・纏向 真土山・亦打山 春日野 春日山 飛火野 三笠山 佐保川 佐保山 高円山 手向山 東大寺 唐招提寺 薬師寺 三船山 吉野山