夕立

詞花集 曾禰好忠
川上に夕立すらし水屑せく梁瀬のさ波たちさはぐなり

金葉集 俊頼
この里も 夕立しけり 浅茅生に 露のすからぬ 草のはもなし

俊頼
十市には 夕立すらし ひさかたの 天の香具山 雲隠れゆく

寂蓮
谷川の流れを見ても知られけり雲越す峰の夕立の空

定家
風わたる軒のしたくさうちしをれすずしくにほふ夕立の空

良経
入日さす外山の雲は晴れにけり嵐に過ぐる夕立のそら

俊成
鳴る神も聲をさめたり稲妻の光ばかりぞ夕立のそら

定家
水もなきこさかを落つる夕立のたきつせうくるもとのたに川

定家
夕立に袖もしをるるかりごろもかつうつり行くをちかたの雲

夕立や虹のから橋月は山 素堂

夕立にやけ石寒し浅間山 素堂

夕だつや石山寺の銭のおと 素堂

夕立や法華かけ込あみだ堂 其角

夕立や田を三囲りの神ならば 其角

夕立や隣在所は風ふいて 鬼貫

白雨や障子懸たる片びさし 嵐雪

夕立にはしり下るや竹の蟻 丈草

涼しさよ白雨ながら入日影 去来

白雨や鐘き ゝはづす日の夕 史邦

夕立の跡柚の薫る日陰哉 北枝

夕立や卒爾な雲の一とをり 千代女

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集
お得区案内図