夏痩せ 夏負け

夏痩やあしたゆふべの食好み 几董

夏痩は野に伏し山に寐る身哉 子規

夏痩や枕にいたきものの本 子規

夏痩の此頃蚊にもせせられず 漱石

夏毎に痩せ行く老の思ひかな 子規

夏痩て日に焦けて雲水の果はいかに 漱石

夏痩や牛乳に飽て粥薄し 子規

夏痩の文長々と物しけり 碧梧桐

夏痩の身をつとめけり婦人会 虚子

夏痩や汐汲ならふ舞の桶 万太郎

夏痩の白粉目立つ老となり 万太郎

夏痩や今はひとりの老の友 鬼城

なつやせや死なでさらへる鏡山 蛇笏

紫陽花に夏痩人の足袋白し 麦南

夏痩や古りて小さき峰の月 泊雲

夏痩のほつれ毛をかむ朱唇かな 泊雲

夏痩の青梅好む病かな 泊雲

夏痩や幾日旅笠の紐のあと 泊雲

夏痩の頬を流れたる冠紐 虚子

夏痩のこの身いとしき湯あみかな 草城

面影も失するばかりに夏やつれ 草城

山賤の夏を痩せたるあぎとかな 草城

夏痩も知らぬ女をにくみけり 草城

五尺七寸すずしきばかり夏痩せて 草城

夏痩の肩に喰ひ込む負児紐 しづの女

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 空蝉 夏の海 避暑 帰省 土用 土用浪 虫干し 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
お得区案内図