御祓 夏越の祓い

八代女王
君により言の繁きを故郷の明日香の川にみそぎしに行く

貫之
御祓する河の瀬みれば唐衣日も夕暮に浪ぞたちける

後撰集よみ人しらず
かも河のみなそこすみててる月をゆきて見むとや夏はらへする

後撰集よみ人しらず
七夕は天の河原をななかへりのちのみそかを禊にはせよ

拾遺集 よみ人しらず
そこきよみながるる河のさやかにもはらふることを神はきかなん

拾遺集 藤原長能
さはべなすあらぶる神もおしなべてけふはなごしの祓なりけり

好忠
禊する加茂の川風吹くらしも涼みにゆかん妹をともなひ

和泉式部
思ふことみなつきねとて麻の葉を切りに切りてもはらへつるかな

和泉式部
けふはまたしのにおりはへ禊して庭の露ちる蝉の羽衣

俊頼
身の憂さを思ひ夏越の祓へして世にながらへむ祈りをぞする

金葉集 源有政
禊する川瀬にたてる井杭さへすがぬきかけて見ゆる今日かな

千載集 藤原季通朝臣
けふくれば麻の立枝に木綿かけて夏みな月のはらへをぞする

俊成
思ふことみな尽きぬとて御禊する川瀬の波も袖ぬらしけり

千載集 俊成
いつとても惜しくやはあらぬ年月を御祓にすつる夏の暮かな

西行
みそぎしてぬさとりながす河の瀬にやがて秋めく風ぞ凉しき

式子内親王
御祓して河辺すずしき浪の上にやがて秋たつ心地こそすれ

斎院中将
みそぎせし加茂の川波たちかへり早く見し瀬に袖は濡れきや

定家
みそぎ川ながすあさじを吹く風に神のこころや靡き果つらむ

定家
みそぎ河からぬ浅茅のすゑをさへみなひとかたに風ぞなびかす

定家
みそぎしてとしをなかばとかぞふれば秋よりさきにものぞかなしき

定家
みそぎすとしばし人なす麻の葉もおもへばおなじかりそめのよを

定家
みそぎしてむすぶかはなみ年ふともいく世すむべき水のながれぞ

定家
まだきより麻のすゑばに秋かけてたもと涼しき夏はらへかな

俊成
禊する麻のたちはのあをにきて沢辺のかみもなびけとぞおもふ

俊成
おなじくは難波の浦に出でてこそあしてふことは禊にもせめ

新勅撰集 良経
はやき瀬の帰らぬ水に禊して行く年なみの半ばをぞ知る

俊成
麻の葉やことのもととぞ禊する荒ぶる神はあらじとおもへば

定家
夏はつる扇に露もおきそめてみそぎすずしきかもの河風

俊成
鳴滝や西の川瀬に禊せむ岩こすなみも秋や近きと

定家
明日香川ゆくせの浪にみそぎしてはやくぞ年のなかばすぎぬる

新勅撰集 家隆
風そよぐ楢の小川の夕暮は御祓ぞ夏のしるしなりける

実朝
禊する河瀬にくれぬ夏の日の入相の鐘のそのこゑにより

定家
夏衣おりはへてほす河波をみそぎにそふるせぜのゆふしで

前関白道家
よしのがは かはなみはやく みそぎして しらゆふはなの かずまさるらし

青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 扇風機 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 空蝉 夏の海 避暑 帰省 土用 土用浪 虫干し 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 凌霄花 虎杖の花 百日紅 病葉
お得区案内図 旅行案内