夏の月

後拾遺集 土御門右大臣師房
夏の夜の月はほどなくいりぬともやどれる水に影はとめなむ

後拾遺集 大貮資通
何をかはあくるしるしと思ふべきひるもかはらぬ夏の夜の月

詞花集 源道済
待つほどに夏の夜いたく更けぬれば惜しみもあへぬ山の端の月

好忠
かげをけみ夏の夜すがら照る月の天の門渡る舟かとぞおもふ

俊頼
光をばさしかはしてや鏡山みねより夏の月はいづらむ

西行
山川の岩にせかれてちる波をあられとぞみる夏の夜の月

西行
むすぶ手に涼しきかげをそふるかな清水にやどる夏の夜の月

定家
かげやどす水の白波たちかへりむすべどあかぬ夏の夜の月

定家
ますかがみ二見の浦にみがかれて神風きよき夏の夜の月

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 日除け 日傘 道おしえ 夏の山 キャンプ 雪渓 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の夜 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内