雷のごろつく中を行々し 一茶

雷の図にのりすぎて落にけり 漱石

停車場に雷を怖るる夜の人 碧梧桐

北山の雷封ぜよ御坊達 鬼城

雷の落ちてけぶりぬ草の中 鬼城

北山の遠雷や湯あみ時 鬼城

迅雷やおそろしきまで草静か 石鼎

迅雷や天つる蔓に色もなし 石鼎

高原や雷落として草の丈 石鼎

雷やんで夕陽雲の下にあり 石鼎

月隠す雲一団や草の雷 石鼎

迅雷や草にひれふす草刈女 泊雲

もの憑の泣きし睫毛やはたた神 青畝

雷や縁に相寄る瓜二つ 草城

雷に怯えて長き睫かな 草城

はたた神七浦かけて響みけり 草城

一万の峰を駆けるやはたた神 草城

迅雷やとよむ一万二千峰 草城

蝶の羽のどつと流るる雷雨かな 茅舎

白日のいかづち近くなりにけり 茅舎

遠雷の波間波間の大凹み たかし

七月 百合 月見草 合歓の花 夾竹桃 青田 雲の峰 夕立 団扇 道おしえ 夏の山 キャンプ 清水 涼し 浴衣 涼み 打ち水 夏の月 心太 すし 風鈴 釣葱 金魚 水中花 閻魔詣 祇園祭 日盛 炎天 昼寝 夕焼 雨乞 避暑 帰省 梅干 夏痩せ 夕顔 睡蓮 トマト 茄子 御祓 ダリア 向日葵 虎杖の花 百日紅
お得区案内図