和歌と俳句

雷のごろつく中を行々し 一茶

雷の図にのりすぎて落にけり 漱石

停車場に雷を怖るる夜の人 碧梧桐

雷にうちふるふ家や水のへり 虚子

牧水
はたた神 遠鳴りひびき 雨降らぬ 赤きゆふべを ひとり酒煮る

北山の雷封ぜよ御坊達 鬼城

雷の落ちてけぶりぬ草の中 鬼城

北山の遠雷や湯あみ時 鬼城

ふと覚めて耳澄ましたり遠雷す 山頭火

迅雷やおそろしきまで草静か 石鼎

迅雷や天つる蔓に色もなし 石鼎

遠雷やいと安らかにある病婦 虚子

雷火燃ゆ大玻璃障子一杯に 虚子

雷の余韻の下の京都かな 播水

高原や雷落として草の丈 石鼎

雷やんで夕陽雲の下にあり 石鼎

月隠す雲一団や草の雷 石鼎

迅雷や草にひれふす草刈女 泊雲

もの憑の泣きし睫毛やはたた神 青畝

雷や縁に相寄る瓜二つ 草城

雷に怯えて長き睫かな 草城

はたた神七浦かけて響みけり 草城

一万の峰を駆けるやはたた神 草城

迅雷やとよむ一万二千峰 草城

蝶の羽のどつと流るる雷雨かな 茅舎

白日のいかづち近くなりにけり 茅舎

遠雷の波間波間の大凹み たかし