和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

雪解のゆらゆらとして枝垂梅

橋の裏大きくしみる雪解かな

しろしろと畠の中の一本

沈丁を流るる虻やたてよこに

山路やかたみに見えし藤の花

山吹に留守かや障子すきたれど

わか一すぢのりて藁庇

嬌柳さはらず伸べし釣瓶竿

声掛けて菖蒲抛葺く翁かな

そら解のはしなく落す菖蒲かな

小田の露祭提灯消えかはし

あとじさる足踏みあひぬ荒神輿

香煙の四簷しみ出て閻魔かな

産土神に頬被解く田植道

糸取や蝿の居しがむ姐被り

蚊いぶしの舳を浚ふ追風かな

蛾這入り大きな陰や誘蛾灯

眦を汗わたりゆく飴湯かな

もの憑の泣きし睫毛やはたた神

涸清水杓にためては遊びけり

百合しばし消入りしわむ かな

かはほりのばたりと当る芭蕉かな

いつとなく金魚の水の上の煤

斑猫やかならず驢馬の脚の前

庭川も濁り膨れて蝸牛

雨上り蝸牛居並ぶ砌かな

ででむしや辷りうつりし筧杙

ででむしの辷りうつりの恐ろしや