雪解

西行
雪とくるしみゝにしだくから崎の道行きにくきあしがらの山

西行
降りつみし高根のみ雪とけにけり清瀧川の水の白波

雪とけや誠すくなき水の音 千代女

雪解や妹が炬燵に足袋かたし 蕪村

ゆきどけや深山曇を啼烏 暁台

色いろに谷のこたへる雪解かな 太祇

雪どけや巣鴨辺りのうす月夜 一茶

雪どけをはやして行や外郎売 一茶

片隅に烏かたまる雪解かな 一茶

雪とけて村一ぱいの子ども哉 一茶

小庇に薪並おく雪解哉 一茶

鍋の尻ほし並たる雪解哉 一茶

門前や子どもの作る雪げ川 一茶

鶯の筧のみほす雪解哉 子規

晶子
やはらかに心の濡るる三月の雪解の日よりむらさきを著る

楫取のつぶらなる眼や雪解風 水巴

雪解水書架の上より流れけり 碧梧桐

一番の渡り漁師や雪解風 碧梧桐

赤彦
ところどころ野のくぼたみにたたへたる雪解のにごり静かなるかも

雪解風牧場の国旗吹かれけり 水巴

雪解の峠の茶屋の戸口かな 石鼎

赤彦
思ひかね路地を入り来れ雪どけの泥はおどろに明るかりつも

雪解や西日かがやく港口 石鼎

雪解や尋ね侘びたる田舎町 泊雲

雪解のはねとぶ泥や松並木 泊雲

雪解や渡舟に馬のおとなしき 蛇笏

月かけて山河とよもす雪解かな 石鼎

晴天の枝に鳥来る雪解かな 石鼎

濁水にかゞやく日ある雪解かな 石鼎

天辺に一羽鴉や雪解風 麦南

雪解や湖舟に洗ふ旅硯 麦南

竜髯に雪解雫の艶やかさ 泊雲

大靄の襲へる雪解畠かな 泊雲

月褒めて雪解渡しや二三人 蛇笏

雪解川峠の下を衝きにけり 喜舟

高嶺や日にこたへ鳴る雪解川 石鼎

田ずそに親しく雪解水流れそめたり 放哉

裏山の雪とけそめし筧かな 風生

にぎはしき雪解雫の伽藍かな 青畝

雪解水どつとと落つる離宮哉 普羅

雪解川名山けずる響かな 普羅

茶屋起きて雪解の松に煙らしぬ 普羅

雪解や妙高戸隠競ひ立つ 普羅

雪解風暁の戸を打ち居たり 普羅

雪解のゆらゆらとして枝垂梅 青畝

橋の裏大きくしみる雪解かな 青畝

講寺や雪解しづくに仆れ杖 爽雨

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 野を焼く 山焼く 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風(こち) 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀
お得区案内図