麦踏

出ばやな籬の野べの麦踏に 白雄

麦踏に足の湯とるや三日の月 泊雲

麦踏や寒さに堪へて小刻みに 泊雲

麦踏や顔傾けて風に堪ゆ 泊雲

麦踏やむき振替へて向ひ風 泊雲

麦ふむや畝一筋に道埃 青畝

踏む麦の夕焼けて来し寂しさよ 草城

麦踏んで若き我あり人や知る 虚子

麦踏も庵の眺の一つかな たかし

麦踏にさつと移りし暮色かな 月二郎

風の日の麦踏み遂にをらずなりぬ 虚子

頂に麦踏んでゐる人見ゆる 立子

渡舟守いとまのあれや麦ふみに 楸邨

麦踏の遠目のうちに未だあり 汀女

麦踏も鳶の描く輪もくりかへし 風生

麦踏の影たゆみなく午過ぬ 麦南

麦踏の母の居そめて父も又 青畝

丘の松めぐりてひと日麦を踏む 秋櫻子

麦踏の出てゐる島の畑かな 素十

ある時はものおもふまじと麦を踏む 

麦踏めりこころ屈する背をかがめ 誓子

麦踏に檻あるごとし薄日さす 不死男

榛の木が麦踏に来い来いと呼ぶ 静塔

麦踏みに隔世の顔なかりけり 不死男

麦を踏むいづこも字は森を立て 静塔

立春 早春 春浅し 二月 初午 雪解 残雪 春寒 余寒 冴え返る 猫の恋 白魚 野焼 山焼 麦踏 蕗の薹 紅梅 実朝忌 三月 如月 雛祭り 春の雪 春雷 啓蟄 東風 春めく 春の山 水温む 春の水 田螺 涅槃 帰る雁 彼岸 彼岸桜 暖か 雲雀 春の雨 春泥
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
旅行案内 お得区案内図