和歌と俳句

吉岡禅寺洞

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

女房の江戸絵顔なり種物屋

ゆくわれにかくるる嶺あり

燈籠に巣ふ鳥あり春の園

三笠山見る面上に春の塵

かへり見る花の篝のおとろへぬ

ぎしぎしの焦れゆく葉や蝶の昼

春暁の隠元土をかづきたり

凧あがる唐人墓のほとりかな

わが干支の牛も侍りぬ涅槃像

水低う漕ぎゐる舟や花曇

広前やきのふけふなる落椿

しばしばのなゐのあとなる麦踏めり

目刺焼いて火のつぶれたるこんろかな

たかだかと塩屋の橋の遅日かな

相よりて夕づく塊や畑打

閼伽桶に遠忌の菜種挿しにけり

涅槃像あなんの顔のとはに哭く

下萌えにたれたる萱の日ざしあり

おもむろにのこぶしとけにけり

闇無の蜑もあそべり花ぐもり

虻をうち蜂とたたかひ一日かな

啓蟄のつちくれ躍り掃かれけり

垣間見る池の水草生ひにけり